« '07年の2度目の竹田へ② | トップページ | '07年2度目の竹田へ、≪Slow Beat≫ »

2007/10/08

'07年2度目の竹田へ③

竹田の街中にて

Img_9262m 今にも壊れそうな
土壁と門


Img_9267mトンネルの内側と
ライト(もう少し落書きが
薄かったらもっとよかった
です)
Img_9272m

苔むした石垣

Img_9273m

石垣が面白い

Img_9276km

街中の大きな岩(この
向かい側にも同じ様に
大きな岩がそびえ立って
いました)

Img_9278km

岡城近くのトンネル
(トンネルの周りの
木の生え具合が
面白いです)

Img_9288km

そのトンネル内の壁と
ライトが面白いです

Img_9290km

広瀬神社の鳥居と
階段

広瀬神社は竹田出身の明治の海軍の武官の廣瀬武夫を祭っている神社です。
廣瀬武夫武官は第一次世界大戦の対ロシア戦で活躍された人物だそうです。

Img_9298m キリシタン洞窟礼拝堂跡へ行く
途中に咲いていた紫の小さな花
名前は「オオケタデ」」と思われます

Img_9301m

「小紫」の実です

今回はキリシタン洞窟礼拝堂の写真はありません。
少々失敗しました。
2005年6月28日のわたしのブログ記事に少しその写真を載せています。
ご覧になりたい方はどうぞ。

Img_9308m石垣と壁

竹田の街中にも岡城だけでなく、素敵な石垣や壁があります。

Img_9310mt

武家屋敷の土塀

Img_9312m

趣のある石垣

この後、前回('07年5月17日記事アップ)の時に大変お気に入りになった喫茶店
「Slow Beat」を(主にお店のお庭のお花を)もう一度、紹介します。(今から食事の用意をしますので少し時間が空きます)

追記:「小紫」の実を、記事アップすぐには「紫式部」の実です と、記事にアップしましたが、玉井人さんのご指摘により、ネットで調べて確認しましたら、「小紫」の実と分かりました。玉井人さん、ありがとうございました。それにしても、「小紫」と「紫式部」よく似ています。

|
|

« '07年の2度目の竹田へ② | トップページ | '07年2度目の竹田へ、≪Slow Beat≫ »

コメント

すごい佇まいですねえ。台風にも強そうな造のような気がしますが、土地柄でしょうね

ついでですが、ムラサキの実のは正確に言うと「コムラサキ(小紫)」というものです。

「紫式部」とよく混同して間違われますが、「紫式部」は実もまばらなものでこんなにきれいじゃありません。

投稿: 玉井人 | 2007/10/08 21:21

◇玉井人さん、記事アップ後すぐにコメントをありがとうございました。
紫式部と間違えた、記事の訂正は後日、出来るだけ早くします。
お知らせをありがとうございました。
詳しいお返しのコメントも後日させて頂きます。
(時間が下がってしまったので、すいません)

投稿: 浜辺の月 | 2007/10/09 00:13

紫の実は、紫式部だと思っていました
小紫だったのですね
また一つ覚えました
ありがとうございました

投稿: みゆき | 2007/10/09 23:43

「トンネルの内部」の写真も「苔むした石垣 」の写真も、さすがホタルちゃんはうまいなあ  (o^-’)b
シッポを巻いて逃げちゃいます~~~

投稿: み~ | 2007/10/10 18:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89578/16699582

この記事へのトラックバック一覧です: '07年2度目の竹田へ③:

« '07年の2度目の竹田へ② | トップページ | '07年2度目の竹田へ、≪Slow Beat≫ »