« テンプレートを変えました7 | トップページ | 混浴温泉世界2012の《2》 »

2012/10/30

混浴温泉世界2012(別府現代アートフェスティバル)《1》

改めてこんばんは☆

今日は10月30日ですが、先日記事アップ途中で止まってしまったり、日にちが少々過ぎてしまいましたが、楽しかったことなので10月19日のことをブログ記事アップしたいと思います。

わたしがこの「混浴温泉世界」という大分県別府市の中で行なわれているアートフェスティバルへ行ったのは10月19日ですが、実はこのフェスティバルは今も行なわれていて、今年2012年は、10月6日(土)~12月2日(日)の間行なわれます。

この「混浴温泉世界」というアートフェスティバルは、別府市で3年に一度開催される市民主導型の現代芸術フェスティバルです。湯けむり、混在する聖と俗、移民文化、別府は魔術的な港町です。いたるところに不思議な力が顔をのぞかせています。 湯のまち別府ならではのアートフェスティバルです。

(「混浴温泉世界」のパンフレットから一部掲載文を借用しました)

わたしが、この「混浴温泉世界」のアートフェスティバルを知ったのは、このブログで今年の9月9日に記事アップしていますが、8月25日と26日に大分市の中心街で行なわれた「まち×アートフェスタ」というフェスティバルに参加して、そのフェスタに「混浴温泉世界」のPRブースがあって知りました。

「まち×アートフェスタ」のアートプラザの会場の「混浴温泉世界」のPRブースでは、『旅手帖 Beppu』という「混浴温泉世界」の紹介&案内の本を貰いました。

この本を見れば見るほど、眺めれば眺めるほど「混浴温泉世界」へ行ってみたくなりました。

このブログに10月22日に記事アップした「10月19日のJRの列車」の列車たちを見て、10月19日に、大分駅からJRで別府駅まで行きました。

その後、レンタルサイクルを借りていざ「混浴温泉世界」へレッツゴーしました。

現代アートを見る前に、別府駅の海側の入り口に立つとモニュメントがありました。

Img_3473m 

Img_3477m

モニュメントの説明文から(一部抜粋)

別府のいたる所から湧き出る温泉をイメージして作られた。泉質「ナトリウム一塩化物、硫酸塩泉」。手湯として体験して下さい。

Img_3478m  

あぶらや・くまはち

1863年愛媛県宇和島に生まれる。

30歳の時、米相場で成功し、34歳の時失敗する。

アメリカへ行く。

46歳の時、別府へ移り住む。ホテル経営を始める。

バスガイドが案内する観光バスを日本で初めて作った人。

(説明文より抜粋)

Img_3483mk 

「混浴温泉世界」の案内フラッグ。

「混浴温泉世界2012」つづく。

|
|

« テンプレートを変えました7 | トップページ | 混浴温泉世界2012の《2》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89578/56001386

この記事へのトラックバック一覧です: 混浴温泉世界2012(別府現代アートフェスティバル)《1》:

« テンプレートを変えました7 | トップページ | 混浴温泉世界2012の《2》 »