« 草間彌生展、その2 | トップページ | 9月に咲いている花 »

2013/09/28

草間彌生展、その3

「草間彌生 永遠の永遠の永遠」の展覧会のシリーズのつづきです。

この展覧会会場の一つに「魂の灯火」という展示がありました。

そこは撮影禁止でしたが、とてもとても素敵な空間でした。

心が躍るような透き通るような綺麗な空間でした。

その会場へ入ると係りの方がパタンと戸を閉めました。

その中で輝く綺麗な光たちが幻想的で透き通るような綺麗な場所でした。

まだ長くその場所に居たかったのですが、係りの人に「時間です」と言われてその部屋を出ました。

とってもいい空間と時間でした。

そして、室内有料展示の会場から出て回廊を歩いて行くと、窓の外をふと見ると、素敵でした。

窓からその外にオブジェが2つ見えました。

Img_5759m  

窓から見て、窓にある赤いドットと、オブジェ。

Img_5762m  

窓から見て、窓のドットと外のオブジェとフラッグ。

オブジェの頭の方が丸くて赤い色に白いドットが面白かったです。

Img_5764m

建物の外に出て、オブジェとフラッグ。

このオブジェの大きさは大きかったです。 

Img_5766m  

建物の外で、外のオブジェと大分市美術館の建物

Img_5773m 

この日、楽しく草間彌生展を観ました。

草間彌生の展示の作品は、赤に白のドットや、白に赤のドットのように元気になったりするものが多かったですが、観ていくのに心に強さ、バイタリティが必要な絵もかなりありました。

でも、一人の生身の人間の作り出したアートですから、心清らかになったり、元気になる作品ばかりではなく、重苦しい作品のものもあることも事実で現実かもしれません。

それでも、その中でドットの作品や、オブジェや、そして、「魂の灯火」の作品のように心清らかになったり、元気になったりする作品に会えて元気にさせて貰いました。

「草間彌生 永遠の永遠の永遠」のシリーズ終わります。

|
|

« 草間彌生展、その2 | トップページ | 9月に咲いている花 »

コメント

私も行ってきました!
ここのブログで見ていたし、ずっと気になっていました。
ちょうど用事があり、終了間近に滑り込みセーフです。
世界的にも有名な草間さんの絵を、こんなに沢山一度に見られるなんて、もう二度とないかもしれま
せん。
お互いにいい展覧会に参加できましたね。

投稿: ちゃぐまま | 2013/10/21 00:48

◇こんばんは、ちゃぐままさん。
いらっしゃ~い♪
コメントをありがとうございます(*^o^*)
わぁ~、ちゃぐままさんも草間彌生展、行かれた
のですね~~♪♪
よかったですね~、見られて~。
そうですね、お互いいい展覧会に参加出来て
よかったですね☆☆

投稿: 浜辺の月 | 2013/10/21 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89578/58283703

この記事へのトラックバック一覧です: 草間彌生展、その3:

« 草間彌生展、その2 | トップページ | 9月に咲いている花 »