最近のトラックバック

« 4月に咲いている花、3 | トップページ | 4月に咲いている花、4 »

2014/04/19

春の日にお別れ

Img_0569m  

こんばんは。

今日は4月19日です。

2014年も4月の後半に入ってきました。

その中でタイトルの「春の日にお別れ」をしました。

この黄色い薔薇はそのブログ内容と特には関係ありません。

ただ今年の4月に咲いていた薔薇の花です。

「春の日にお別れ」というのは、10年以上続いたある友(mさん)と友達関係に決別をしました。

決別を決心したのはわたし自身ですが、そうなってしまったのが相当残念です。

12年前の4月に同じ絵の通信の学校の生徒と知って友達になりました。

わたしから声を掛けたのでした。

手紙のやり取りをしたり、FAXをやり取りしたり、一緒に絵を描いたり、「今何の絵を描いている?」と描いた絵の近況を報告し合ったり、電話で話したり、一緒にスクーリングに参加したり、一緒に美術館に絵を観に行ったり、・・・・・・気の合う友達でした。

そのmさんとは気も合い、好みや、趣味も同じものが多かったのですが、一つだけmさんのことでわたしは時々困っていました。

そしてその困ることは、かなり深刻でした。

でも時々だったのでわたしはなるべく気にしないようにしていました。

その困ることと言うのは、そのmさんは、ある宗教の会員(♯学会の会員)でした。

何かにつけその宗教の会に入るように直接的に間接的に薦めてきました。

極めつけはその♯学会の同じ仲間の何人かと一緒にその宗教のビデオを見せられたり、会合みたいなところへ連れて行かれたりしました。

そして今回同じ♯学会の会員の人が4人も5人もいて、そこへ連れて行かれ雑談でしたが、話しを聞かされたりしました。

わたしはしょうがないので相槌をうったりしてその場所にいました。

永遠と2時間くらいそこにいました。

やっと解放されてmさんの家へ戻ってすぐにmさんに聞かれました、「楽しかった?」と。

わたしは正直に答えました、「楽しくなかった。」「今度あの集まりには行きたくないわ。」と。

それを聞いたmさん、その後ちょっとそっけない感じになりました。

じゃまた と言ってわたしはmさんの家から自宅へ自転車で40分かけて帰りました。

分かれて自宅へ戻ってすぐは、わたしはもやもやと考えて、考えもまとまらずにいました。

この後どうしょう・・・・・と。

わたしは、あまり相談する人がいません。

それで、母に聞いてみました、「♯学会へ入れようとするのよ。今まで2度も断っているのに。」「『1度あることは、2度ある、2度あることは3度ある、3度あることは何度もある』とも言われているよね・・・・・。」「宗教が同じじゃなくても友達でいいと思うのに。宗教の自由の国日本なのだからいいと思うよね。」「それがだめで3度も♯学会へ勧誘するということはこれから先、何度も何度もその♯学会へきっと入れようとするよね」「わたしは♯学会へは入りたくないわ」 そこまで話しを聞いていた母は、「もう友達をやめよ」と言いました。
そこまで話していたわたしも、話しながら気持ちが固まり「もう友達付き合いをやめよう」と思いました。

そう決心してもとても残念な気持ちになりました。

宗教のことを除くといい友達なのに、嫌がる人に何故しつこく♯学会へ入るように薦めるのだろうと・・・・・・。

今考えるとmさんにとって生活、人生の第一に大事なことは♯学会なのかもしれないと、・・・・・気がつきました。

これじゃmさんとは永遠に相容れないなーーーと気がつきました。

12年も続いた友達でしたが、春の日にお別れをしました。

« 4月に咲いている花、3 | トップページ | 4月に咲いている花、4 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、浜辺の月さん(・∀・)

友情と宗教…
ぶつかることがありますねぇ
私も過去に何人も宗教に凝っている人と友達になったり別れたりしました
かなりしつこく勧誘する人もいましたし
私の態度を見て、あきらめた人もいました
今でも宗教に熱心な友達もいますが
私には薦めてきません

私は今おかあちゃんが一番大切な人なので
もしも、おかあちゃんが宗教を始めたら
一緒に集会に行ったり、布教活動もするでしょう
でも、私の心の中の信仰心は
ただそれだけでは大きくならない気がします
行動は容易に変えられても
心は容易に変えられないからです

浜辺の月さんは、すごく悩んで結論を出したのでしょうから
そのことはとても大切なことだと思います
気持ち良くお付き合いのできない人は
やっぱり友達とは呼べないのかもしれないと
私は思います

こんばんは
浜辺の月さんは、そんな悩みがあったのですか。
宗教に誘われると困りますねえ~。
私も子供が小さい頃、朝早くおきたい事情があって
、早起きするために早起き会?朝起き会?というのに入ったことがありますが、勧誘は非常に熱心な会でした。

勧誘活動に参加させられてましたが、大切な友人には声をかける気はなかったです。
知らない人にはどんどん声をかけましたが・・

貴方が断っても勧誘してくる人とは、付き合わないほうが良いかもしれません。
職場にも宗教に入ってる人が2名います。
学会と幸福の科学です。
どちらの人も職場の人には声をかけません。

人柄が優しい浜辺の月さんなら、又いいお友達との出会いがあると思いますから、楽しく日々をお過ごしください。

再度のコメントですが、浜辺の月さんは宗教には入れないと思います。
私は朝起き会の勧誘を10か月ほど、会員の皆さんとしましたが、話に耳を傾けてくれる方との出会いは非常に少なかったです。
その少ない出会いも、こちらの言葉で興味を持ってくれるのではなくて、そういう人は最初から、宗教的なものが好きで関心がある人でした。
宗教勧誘とは、そういう人を捜し求めて歩くのだな~と
感じていました。

そして、勧誘をする宗教は人間の生き方の道標を示してくれるのではなくて、
お布施や献金を喜捨すれば、幸せになれるといいますね。

私が言われたのは、命の次に大切なものを捨てることが、自分自身の我を捨てることになる。
我は捨てなければならない。我を捨てることに魂の成長がある。

「命の次に大切なものって何ですか?家族ですか?」と聞いたら「それはお金です。あなたの我であるお金を会長様のところに捨てましょう。」といわれました。

笑っちゃいましたが、本気でそう信じてる人もいました。
余談ですが、思い出して書いてしましました、
すみません。
月さん、また、同じ趣味の人との出会いがありますよ。
 

◇こんばんは、う~ちゃんさん。
コメントをありがとうございます。
お返事コメント遅くなってごめんなさい。
コメントに長い文章のコメントを書いてくれてありがとう
ございます。
そうです、まさに友情と宗教がぶつかった感じでした。
う~ちゃんさんも過去に友達で宗教を薦められたり、友達と
別れたりしたんですね。
割とあちらこちらであることなのかもしれませんね。
やっぱりそうだと思います、わたしもそう思います、気持ち
よくお付き合い出来ない人とは友達にはなれないですね。
う~ちゃんありがとうございました。

◇こんばんは、由美さん。
コメントこの記事に2つもありがとうございます。
お返事コメント遅くなってごめんなさい。
そうですねーーー、わたしは、♯学会や幸福の○学には
正直興味がないのです。
多分△ホバの会などの系統も興味ありません。
家に昔からある宗教で充分です。
無理に勧誘されると気分が悪かったり、腹が立ったり
または恐怖を感じたりします。
由美さんに言われたその宗教、「命の次に大事なものを
捨てる」と言っていてその宗教では、命の次に大事な
ものはお金なんですね。
しかも献金や喜捨をその会長にするということ、単に
その宗教の団体が大きくお金持ちになるだけと感じます。
わたしは多分今回♯学会のmさんと今まで友達として
付き合っていて分かれることになったのは、勉強をしたのかも
しれないですね。
世の中にはこういう人もこういう人付き合いをする人もいると
勉強したのでしょうね。
由美さんありがとうございました。

記事を読みながら、私もやっぱりあなたと同じように
「お別れ」をすると思いましたよ。
宗教や思想で縛られるほど心を苦しめるものは
ないと思います。
だからこそ宗教も思想にも「自由」があるのです。

その違いを越えてずっと友人でいられるのなら
真の友情ですよね。
相手を縛ろうとするところには友情は育ちませんよね。

◇こんばんは、ちゃぐままさん。
コメントをありがとうございます。
そうですね、宗教や思想で縛られることは、やはり
心を苦しめますよね。
だから日本では宗教にも思想にも自由があるのだと
思います。
それからちゃぐままさんが言われている通り、その
違いを越えてずっと友達でいられるのなら真の友情
だと思います。
わたしにとって今回のmさんの行動や考え方は縛ろうと
したと感じて、ずっとは友達ではいられなくなったのです。
ちゃぐままさんありがとうございました。
コメントのもう一つの件は対処しました。

月さんが、勇気を出して、お友達と別れたことは
賢い選択だと思いますよ。
私だったら、速攻で離れていることでしょう。
月さんは、優しすぎるからね。。そこが、月さんの良いところでもあります。

宗教もそうですが、マルチ商法やセールスの勧誘なども
困りますね。
時々意見がぶつかることはあっても、
お互いの気持ちを尊重し合うのが、本当の友達だと思います。

◇こんばんは、トムジェリさん。
コメントをありがとうございます。
そうですね、宗教もマルチ商法やセールスの勧誘も
困りますね。
時々意見がぶつかってもお互いの気持ちを尊重し合えると
いうのが、そうですね本当の友達ですね。
トムジェリさんありがとうございました♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89578/59492464

この記事へのトラックバック一覧です: 春の日にお別れ:

« 4月に咲いている花、3 | トップページ | 4月に咲いている花、4 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

マイピクチャー

  • 紅葉の山
    わたし自身のオリジナルの絵です。 アナログの絵(水彩、スケッチ、油絵、他)と PCソフト(水彩7、ペイント)で描いた絵があり ます。 著作権は破棄していません。 許可なくお持ち帰りは出来ません。

マイピクチャー2

  • ビビコンガ
    わたしが描いたオリジナルの絵です。 許可なくお持ち帰り出来ません。