« 大分トリニータ、3 | トップページ | わ~い!2 »

2019/07/14

ムーミン展へ行きました

こんばんは。
今日は2019年(令和元年)の7月14日ですが、7月11日のことを
記事アップします。
この11日は、友達mriさんと、sさんと3人で、大分県立美術館
(OPAM)へ、「ムーミン展」を観に行きました。
ブログ友達のタムさんに「ムーミン展に行くようだったらその
様子を出来ればブログ記事アップしてくれませんか?」と
言われていたので一応マイデジカメを持参して行きました。
入り口で念のため受付の人に「カメラで撮っていいですか?」
と聞きましたが、「出口の所の1ヶ所のみ撮っていいですが、
他はだめです。」と言われました。
わたしのデジカメは重いデジ一眼で、わざわざ持って来ました
が、致し方ないです。
中の様子は写真の後に文章を載せます。
まず出口の様子。
Img_7029m  
一緒に行ったsさんと出口の様子。
Img_7039miro  
中の係の人が「入り口のチケット提示の所も撮っていいですよ」と
言ってくれたので、会場を出てから入り口のチケット提示の所も
撮ってみました。
Img_7043m  
OPAM会場で自由に取ってよかったA4紙のパンフレットも撮ってみました。
Img_7047mk 

追記:7月16日、写真の後文章を載せますと言いながら
少し時間が経ってしまいました。
「ムーミン」のお話、そして、キャラクターデザイン、
作画制作は、フィンランドのトーベヤンソンです。
そのトーベヤンソンのムーミンの原画がOPAMに展示
されています。
日本とフィンランドの外交関係樹立100周年を記念
しての展覧会だそうです。
トーベヤンソンが生み出した「ムーミン」シリーズは、
小説、絵本、新聞連載コミック、アニメ、グッズ商品
などなど、世界中の人々に親しまれているのです。
(会場で頂いたA4大のパンフレットのムーミン展の
紹介文を一部参考にさせて頂きました。)
展示されているトーベヤンソンの描いた
原画は、色付きの原画もたくさんありましたが、
わたしは、小説の挿絵の原画に引き寄せられました。
トーベヤンソンのムーミンの小説の原画はとても
小さく、わたしは眼鏡をかけて見ていきましたが、
そのトーベヤンソンの描いたムーミン達の白黒の
原画の何とも言えない味が良かったです。
今回一緒にOPAMに「ムーミン展」を観に行って
くれたmriさんと、sさんありがとうございました。

|

« 大分トリニータ、3 | トップページ | わ~い!2 »

コメント

こんにちはー!
月さん、ムーミン展に行ってきましね〜そして、私の要望(ちょっと強引でしたが…すいませんm(_ _)m)どおり記事にしてくださってありがとうございました。
トーベ・ヤンソンの絵はスゴく個性的ですがなにか惹きつけられますよね。
ムーミンバレーパークでは写真撮り放題でしたが、美術館では借り物で大切にされているから厳しく制限されているのですね⤵
私は今、図書館から借りてムーミン童話全集の一部を読んでいます。挿絵が所々にありますよ!再度じっくり見たかったら図書館を利用するのも一つの方法かも知れません。
ムーミンの世界を知っているようであらためて詳しく知って先日行ったムーミンバレーパークでの体験をなる程と今さら納得してます。ちゃんと勉強してから行けばもっと楽しめたかなと思いました。

投稿: タム | 2019/07/16 17:50

◇おはようございます、タムさん。
コメントをありがとうございます。
タムさん、ムーミン展のブログ記事アップを薦めて
下さりありがとうございます。
いえいえ強引では全然ないですよ♯
タムさん、プッシュして下さりありがとうございました♪
そうなんです、トーベ・ヤンソンの絵は、個性的なの
ですがとても惹きつけられます。
図書館でムーミンの本を借りる こと、そうですね~、
いいですね。
今読みかけの本を読み終わったら借りれたらと
思います。
ムーミンバレーパークでは写真撮り放題ですか~~、
なるほど~~、いいですね。
確かに美術館は借り物だからかもしれないですね、
制限が厳しいのは。
本を読んで少し知識があった方がムーミンバレーパークは
楽しめるのですね♪
なるほど。
なるべく本も読んだ方がいいですね。
タムさん、ありがとうございました♪♡

投稿: 浜辺の月 | 2019/07/18 09:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大分トリニータ、3 | トップページ | わ~い!2 »