最近のトラックバック

日記・コラム・つぶやき

2018/04/06

お祭りの前と桜

こんにちは。
タイトル「お祭りの前と桜」ですが、そのお祭りはもう終わって数日経ってしまいました。
ただ写真を撮った時点ではお祭りの前の時でその写真なので、タイトルをそう付けました。
この時(お祭りの時)、3月23日に開花宣言が出てから日にちが少々経って、その間雨も降らず、この地区のお祭りにはとてもいい日でした。
その染井吉野の桜が満開ではらはら花びらが散ってとてもお祭りにはいい日でした。
この地区のお祭りの前の様子です。
Img_0394miro  
この後食べて飲んでお話して演奏を聴いてとてもいい日になりました。
満開の染井吉野の桜です。
Img_0416m

2018/02/26

私的な記憶のため・・・、2

「私的な記憶のため」のつづきです。
せっかく昨年10月から断続的ですが、描いている描きかけの絵なので、描き上げたいです。
何とか気持ちを切り替えて描くことを実行出来たらと思っています。
そうやって何とか自分の気持ちをよいしょしているわたしです。

それにしても病院の先生は何故わたしが「絵を描きたい」と言った時に「そんなことは止めといた方がいい。あなたには向いていない。」と言い切ったのだろうと思います。相当がっかり来たのを覚えています。たとえ絵を描くことに全然向いてなくても世間的に見てそうであっても、描こうと思います。全然絵を描くことに向いていない、適性がなくてもいいじゃないか、わたし自身が描きたいのだから~~、今わたしはそう思います。
それと病院の先生って何故精神的被害を与える親で、叩いたりする親でも、「その親は立派です」と言い切って「いいお父さんじゃないですか」と言って患者本人を洗脳でもしょうとするのか意味が分かりません。
今考えるとその先生、馬鹿?って思います。
大学まで出て先生と呼ばれる人なのに父がわたしに言ったりしていることはドメスティックバイオレンスだって分からないのだろうか?それって馬鹿以外なにものでもない先生だと今思うと思います。
病院の先生が馬鹿じゃない?なんて何年か前は思いもしなかったけれども、それまでのわたしは右と言われれば、あ、右なのねと(左ぽいけれども・・・)と思いつつ、嘘でも真実だと思っていた、思いたいと思っていたわたしでしたが、その「いいお父さんじゃないですか」「立派なお父さんですね」と言ったその医者は、いくら思っても馬鹿だと思わざるを得ないです。わたしの病気の病名を知ったら、「本当に世間の寄生虫、さっさと死ね!」と思う人がその病名だけで思う人が沢山いると思います。
何も生産的な事をしていないので、致し方ないですが、嘘偽りを言いふらして回ったり、詐欺を働いたり、人を騙したり、人を陥れたり、物を盗んだり、ましてや人を叩いたりしていないのに「本当に世の中の寄生虫、さっさと死ね!」と言われるのは辛いですね。
その病気への既成概念がそうさせるのでしょうけれども・・・・・・辛い。
辛いけれども、生きなきゃ仕方ない。

私的な記憶のため・・・、1

こんにちは。今日は2018年の2月26日です。
昨日まで行われていた韓国での平昌(ピョンチャン)オリンピックも昨日で閉会しました。
時の流れに乗れないわたしだな~と思いつつ、少しブログ記事アップの間が空いてしまって、オリンピックに思うことも記事アップ出来ないまま平昌オリンピックも終わってしまいました。
何をブログ記事アップしょうかしら・・・・と思いながらパソコンを開けていて、ズーーンと心に伸し掛かっていることの一つを記事アップしょうと思いました。
この「ホタルと月の国」のブログは今はほとんど誰も見ていないブログですし、ブログというものは日記形式のHPとも言われているので、誰も見ていないブログなのであれば、自分のための記憶と記録のためにも記事アップしてもいいかもしれないと思いました。以前自分の記憶と記録のためと称して何度かブログ記事をアップしたこともありますが、今回この記事は、本当に私的な記憶のためということに近い記事です。○○です とか表記していても結果的に自分に言っている感じでもありますが、ブログ記事アップしたいと思います。

わたしは、子供の頃は自分が世の中の寄生虫とは思っていませんでした。
でも、父から何度も何度も何度も「お前はダメな奴」「お前はいらん奴」、「お前は余計な奴」「お前がいなかったらなんぼ良かったかもしれん」「お前の作ったみような物は食えれん」と言われ続け、父から「お前がダメな奴ということをお前の頭に叩き込んでおけ」と言われ続けました。わたしが家族の為や父の為に作った食べ物はローティーンの時ですが、何度もゴミ箱へ捨てられてしまいました。勿論何かにつけ怒鳴られ、叩かれ、殴られ、蹴られました。わたしは、いつの頃から自分はダメな奴だと思うようになりました。父から誉められたことは一度もありませんが、母からも一度も誉められたことはありません。母は妹とは遊んであげていましたが、わたしと遊んでくれた記憶がわたしには一度もありません。父にはカメラの三脚を持っていたわたしから三脚をもぎ取ろうとしてわたしの左手の人差し指の爪を剥ぎ取りました。爪を剥いでやろうという父の積極的な意図はなかったかもしれませんが、父のカメラの大事な三脚を持っているわたしが許せなかったのは事実だと思います。三脚の脚と脚の間に挟まったわたしの左の人差し指のためわたしが三脚から手が離れないままでいることを許せず、そのカメラの三脚を振り上げて振り下ろしたのですから。その子供の時のわたしの体は宙に振り上がり、振り下ろされ、左の人差し指に激痛が走る夢を今も時々見ます。わたしの左の人差し指の爪と身は剥がれてしまいました。もうそれから何十年も経ちましたが、指は変形しています。
わたしは小さな子供の頃は自分が世の中の寄生虫とかお荷物だとか思っていませんでしたが、その後大きな精神的な病気をして、世の中の普通の会社でも家の中でも仕事という仕事は出来ない人になってしまいました。当時の病院の先生に「絵を描きたいです」と言ったら、「そんなことは止めときなさい」「あなたには向いていません」と言われ、泣く泣くその時は絵を描くことを諦めました。その時から何年間かは、絵を描かないでいました。わたしは、年齢的には20歳をその時過ぎていましたが、わたしが世の中のお荷物、世の中の寄生虫のように感じました。世の中にわたしは必要とされていないと思いました。また十数年してとっても絵を描きたくなりました。旦那様に許可を得て絵をまた描くようになりました。と言うか、油絵はこの頃初めて描き始めました。この再び絵を描き始めた頃は今思うとわたしにはいい日々でした。絵を描くということも生活が充実していましたが、それだけではなく、まだ母も認知症気味ではなく元気だったので、色んな意味でわたしには充実した日々でした。自分が世の中の寄生虫だとその頃はあまり思っていませんでした。でも、その後絵が中々描けなくなり、父の嫌がらせも再燃し(ずっと続いていたのですが、より酷く)、主人にも子供にも今までの友達にも、わたしは必要とされていないと感じ、昨年は腰も痛め、心と体両方病を持っているということも気力が継続力が出てこない現実の日々の到来です。色んなネットでのお知り合いのお友達に何度か励まされましたが、気力は継続力は中々出て来ません。昨年10月に描き始めた絵はまだ描きかけです。本当は○美展は、18日が搬入日でした。その絵の描き具合はまだ50%の描き込み具合です。残念でなりません。気持ちを切り替えて来シーズンの締切には、きっとと思ってみるものの継続力となりません。
つづきます。

2018/01/27

準備中

おはようございます。
ここ数日こちらも寒い寒い日が続いていました。
今朝も少々こちらのこの季節にしては気温低目でしたが、ここ2、3日の中ではまだちょっとよかったです。
2、3日前数日間こちら暖かいo市でも最低気温0度近く、最高気温5度前後の日々でした。
今日のお昼は予報では7、8度とか、ちょっとだけよくなります。
あ、そうそう、昨日こちらo市では梅の花が開花したそうです。
ただ、ここ数日の日本列島の寒気は、凄まじく、東京も積雪20㎝lだった日もありました。
日本海側の北陸、東北では積雪100㎝とか、こちら南に住んでいるわたしは想像を絶します。
こちらo県のo市では、最低気温0度近くというここ数日でしたが、こちらo県でもy市では最高気温が0℃以下という日もあり、積雪もあった日も何日かあってその積雪の雪が解けず凍結して、そのy市や山間部を通る時はこの暖かいo県でも滑り止めのタイヤや、チェーンの装着が必要な地区があります。この寒くて積雪凍結などの地区の皆様気をつけて車の運転、移動されて下さい。
ところで、準備中というのは、昨日から持って行くものなど今日も続けて準備中です。
〇ラジオでの△放送の時に、「Shiro de night fever」という催しがo市の公園であるというお知らせがあって、急遽3、4日前、旦那様と「行こう」ということになって、昨日と今日準備しています。
「Shiro de night fever」の催しでは、ラジオの公開録音や、食べ物ブースがあったり、物品の販売があったり、目玉は「ディアフレンズ」のライブがあります。
野外だし、ここ数日の寒さの続きもあるので、それに備えてあれこれ持って行く用意をしています。
わたしとしては(食いしん坊ですので)食べ物ブースも大いに気になりますし、物品も見て歩くのもちょっと楽しみにしています。
旦那様は「ディアフレンズ」のライブが気になっているようです。
わたしはライブ中痛めた腰が、痛くならずだったらいいな~と思っています。
「Shiro de night fever」今から楽しみです。

2018/01/14

1月14日の今日この頃思うこと

こんばんは。
今日は2018年の1月14日ですが、その14日の今日この頃わたしが思うことをブログ記事アップしたいと思います。
昨年ここ数年間のしようと思って出来ていないことのリベンジで、今年度こそと思っていました。それで、募集要項が出される9月に絶対に募集要項を手に入れて描くんだーと思っていました。日々の予定を組んでなるべくでも描けるはずと思う日をリストアップしてARTの日としてスケジュールを組んでいました。
昨年9月から今年1月いっぱいの間のスケジュールのうち、1月14日までですが、・・・・・・ARTの日として描くことを実行出来たのは3日だけでした。
描けた日は、すべて10月中でした。体調不良とか、急に家族の用事が入ったとか、友達からコンタクトがあって変更したとか、色々理由はあるのですが、描く予定の日で今日この日は絶対描く時間はあるはずという日、時間の時も何故か、気力が出ず、気が散って、パソコンを開いてネットばかりやっていてとか、探し物をしていて時間が経ってとか、ARTには特別な描けない理由でない理由の時も何日かあったのに描けませんでした。
絵を描きたいと思っているのに、気が散ったり、パソコンの方に気持ちが逸れたりとか、本当にわたしは絵が描きたいのだろうか・・・・・・・。
   ※
わたしの絵を描くこと、または描きたいと思うことの原点は、5歳の幼稚園の時になります。
その頃わたしの家にはテレビがありませんでした。近所の2歳下のお友達yuちゃんの家へ妹oちゃんといつも遊びに行っていました。yuちゃんの家には我が家にないテレビがあって3人で見ていました。その頃テレビでは、手塚治虫のジャングル大帝レオや、リボンの騎士や、海のトリトンなどが放映されていました。わたしはワクワクしながら手塚治虫のアニメを見ていました。そしてその頃、幼稚園で先生に「皆さん、ライオンの絵を描きましょう~。」と言われてわたしは、張り切ってジャングル大帝レオのお父さんライオンの絵を描きました。線を一生懸命引いて色を塗っていて、陰まで上手くつけたと思いました。そうですね~、わたしが今までの生涯で唯一上手く描けたと、自分でも完成度が高く満足がいく作品でした。その幼稚園で描いたライオンはもちろん、手塚治虫アニメのジャングル大帝レオのお父さんライオンだから、白いライオンでした。幼稚園のその時の先生は、わたしの絵を見て、「hさん、ライオンに白いライオンはないのですよ。黄色くちゃんと塗りなさい。」と言われました。わたしはこの時描いたライオンがとてもよく描けたと思っていたので、黄色く塗るのには物凄く抵抗がありましたが、幼稚園の先生に言われて渋々その描いたライオンの上に黄色を塗りました。描き上げた黄色いライオンは、わたしにとっては猛烈に不満のあるライオンの絵に成り下がっていました。その黄色いライオンの絵を後日返却されて家に持って帰えり、帰り着くなりに、その絵をビリビリに引き破りました。そして、お風呂を焚くため家の人が釜に火をつけていたのでその中に入れて燃やしました。そしてわたしはいつか絶対この白いライオンの絵を描いて完成度が高くて、上手く描けたと思ったライオンの絵の時の絵よりいい絵を描くんだーと思いました。 それが、わたしの絵の原点、絵を描き続ける原点です。いつかあの幼稚園の時自分が描いて、上手く描けたーーと思った絵を超える絵を描き上げるんだーーと思い続けて、描き続けているのです。正確には、描き続けるというより、絵を描くという気持ちを持ち続けていると言うべきかもしれません。
   ※
今では断続的な絵の制作になっている、描いている時の方が短い日々ですが、気も散りまくっていますが、原点に戻って、今回の展覧会の絵の募集締め切りまでの日は残り少ないですが、描きます。このわたしの絵の原点がわたしが5歳のこのことがあったからだと忘れないで描き続けなくてはと思います。でないとこの時の5歳のわたしが報われません。
   ※
追記:(1月17日)、「このわたしの原点が、わたしが5歳のこのことがあったからだと忘れないで描き続けなくてはと思います。」「でないとこの時5歳のわたしが報われません」・・・・・・と、14日に記事アップわたしはしています。これはわたしの本音ですが、では、この5歳の時のことはトラウマですよ・・・・・と、言われるとすれば、正確にはトラウマなのでしょうけれども、本当は、この5歳の時からずっと断続的でも絵を描こうと、描きたいと思い続けているのは、白いライオンの絵をこの時わたしが描いたからです。絵を描こうと思う原動力なのです。もう少し上達したいと思いながら描いて来て、これからも描こうと思う原動力なのです。14日時点でのこの記事のブログ記事アップの文章では、表現しきれていませんが、白いライオンの絵の出来事は、ブラスに捉えてこれからも描き続ける原動力にしたいと思います。

2018/01/01

mrさんから戴いた戌の置物

こんばんは~♪
今日は2018年(平成30年)の1月1日です。
1日のpm10時半頃です。
昨年末に大阪のmrさんから戌年の戌のmrさんの手作りの置物を戴きました。
そして手作りのミニ箒も戴きました。
mrさんありがとうございました。
(mrさんこのブログを見て頂いているでしょうか?)
この場を借りてお礼を言いたいと思います。
この戌年の戌の置物とっても可愛いです。
箒はハリー・ポッターの箒のミニチュア版という感じでハリーの話のイメージで嬉しいです。
mrさんありがとうございました。
Img_5414m

2017/12/30

2017年の餅つき

今日、2017年の11月30日は、我が家では餅つきをしました。
前日もろぶたを洗って、餅米を入れる桶を洗って、もち米をといで、一つ目の準備をしました。
そして、30日、前日にといでつけていた餅米を適量ずつ網に打ち上げて、蒸籠を洗ってお湯を沸かしさらに次の準備をしていきました。
餅つき機は前日出して釜を洗っていたので、後はもろぶたに餅取粉をふってテーブルの上にも餅取粉をふって準備をしました。
後は、第一陣の餅米が蒸しあがるのを待つのみです。
餅米を蒸している蒸籠。
Img_5366mkiro  
研いでつけていた餅米を打ち上げたところ。
Img_5370m  
餅つき機で搗いているところ。
Img_5371m  
搗きあがった餅をちぎっている母。
Img_5378mkiro  
Img_5383mk 
出来上がって、もろぶたに入ったお餅。

追記:(1月5日)、我が家では、毎年、年末に母とわたしの二人で餅つきをします。
母は今ではある程度年配の年齢になっている人ですが、母が餅つきでは主役です。
餅をちぎる作業、特に鏡餅をちぎるのは我が家では母しか出来ません。
あの母の手の動きを何年も何十年も見ていますが、わたしには同じようには全然出来ません。母には本当に感謝しています。母にはこれからも元気でいて欲しいと思います。

2017/12/24

我が家のXmas

こんばんは。今日は2017年の12月24日です。
Xmasイブです。我が家のささやかなXmasをブログ記事アップします。
我が家の家族そしてわたしの共通のXmasの楽しみは、食べることです。
まず1週間ほど前、Xmasケーキと、ケンタッキーフライドチキンのセットを予約しました。
そして、今日旦那様が受け取りに行ってくれました。
まずそのXmasケーキの箱。
o市の☆使のおやつのケーキとその箱です。
ケーキの箱のデザインも可愛いです。
Img_5219miro 

そしてそのケーキ。
このケーキ、とても美味しかったです。
わたし好みです。
Img_5224miro  

ケンタッキーフライドチキンのセットの一部。
Img_5228mkiro  

それから旦那様のサービスのお店のお寿司。
Img_5235mkiro
フライドチキンのセットもお寿司もとても美味しかったです。
いつもはこういう食べ物は中々食べないので、家族で他愛ない話をしながらチキンや、お寿司や、ケーキを食べられるのは嬉しいことです。
旦那様と子供ありがとう(^^♪

2017/12/20

支払いが大変だった

こんばんは。
今日は、おっともう日付が変わりそうですが、今2017年の12月19日のpm11時59分です。
今日のこの記事を全部記事アップする時は12月20日の0時を超えるでしょうね。
19日のことを記事アップしていますが、タイトルの「支払いが大変だった」と言うのは、わたしにとって金額もですが、支払うために移動することや、機械を操作することがかなり大変でした。
18日にネットで入金予約みたいなことをして、あれこれナンバーを控えてコンビニへ行ったのです。
ここ自宅からちょっと離れた所にあるコンビニを指定していたので、そうだわ、今日はまあ腰の調子もいいから自転車で行こうということで久しぶりに自転車を引っ張り出してギコギコこいで行きました。片道3、4㎞くらいあると思います。
そのaコンビニに着いてレジのお姉さんに「〇〇の支払いをしたいのですが」、と言ったら「13桁のナンバーが必要です」 と言われました。
控えているナンバーを数えると数が足りません。
えーーー!どうしょうーー。 レジのお姉さんに「ナンバーの数が足りないのです。一応機械で出来るかやってみていいですか?」 と聞いて、機械で色々してみましたが、だめでした。その色々している間30分くらい経ってしまいました。またレジのお姉さんに「やはりだめでしたが、何か他に方法はないですか?」と聞いたら、レジのお姉さんは、「〇〇の支払いをするその会社へ直接電話して聞いたらどうですか?」と、アドバイスしてくれました。
aコンビニの外で〇〇の支払いをする会社へ電話したら、あれこれ聞いて調べてくれました。
その会社のお姉さんは、色々調べて便宜を図ってくれようとしましたが、その雰囲気でいくとどうもわたしがコンビニを間違えたようです。そこで今わたしが持っているナンバーで入金できるコンビニを教えて貰いました。bコンビニということです。
aコンビニのレジのお姉さんには大変お世話になっていますが、そのままでは申し訳ないのですが、そのaコンビニからbコンビニまで、また3kmくらいあります。
とにかく行かないと、旦那様が帰って来る時間が近づいて来ます。
「aコンビニのレジのお姉さんごめんなさい。いつかまた買い物に来ます。」と心の中で言って、自転車でbコンビニへ向かいました。
急いでいても久しぶりの自転車で、変速ダイヤルもない自転車で、しかも登り坂がだらだらと続きます。今日の寒い日に汗びっしょりです。
やっとbコンビニに着いて、持っていた控えていたナンバーを入れて機械を操作するのですが、エラーと出るばかりです。困ったなーー。
その機械のすぐ横に電話があって耳に当てました。何も言いません。通話というアイコンをタッチすると呼び出し音がなりました。オペレータのお姉さんがどのナンバーを入れるか指導してくれます。1、2回エラーが出ましたが、最後の方法で上手くアクセス出来ました。ホッ!オペレータのお姉さんにお礼を言って発券して、レジで入金出来ました。
あーーよかったです(^^♪ ホッとしました♪
bコンビニでも30分から40分かかりました。
その後自転車をひたすらギコギコこいで、時にはえっちら自転車をせって、とにかく急いで帰りましたが、帰り着いた時はpm7時前でした。
旦那様ごめんなさい。
支払いが大変な一日でした。

2017/12/06

プレゼントを交換しました♪

こんばんは♪
今日のことではありませんが、数日前のことです。
友達の家に行く前に、雑貨&おやつのお店で色々な手作り、ほぼ1点物の品物(雑貨)を見て友達へのプレゼントを探しました。
友達は髪がヘアゴムで結べるはずと思い、ブルーの綺麗な髪飾りを1点と、ウサギの絵の可愛いトートバックを1点選んで、「クリスマスプレゼント」として包んで貰いました。
その品物の写真は残念ながらありません。カメラ持参ではありませんでした。
その雑貨&おやつのお店へ行く前に、手作りのお菓子のお店でクレープなどを買って、友達の家へ行きました。
友達は、とっても素晴らしい笑顔で迎えてくれました。
着いてすぐにクリスマスのプレゼント交換です。
わたしから友達myちゃんへは、髪飾りと、トートバックで、myちゃんからわたしへは、手塚治虫の2018年のカレンダーでした。
わたしは手塚治虫も好きなので、とっても嬉しかったです♪☆
カレンダーの写真は後でアップ出来たらします。
好きなラジオ番組のことや、好きなバンドのライブのことなど話して盛り上がりました。
少し話している時間を短く感じましたが、帰宅時間が迫ったので、お互いの健康を祈って別れました。
myちゃんありがとう♪☆♡(*^▽^*)

より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

マイピクチャー

  • 紅葉の山
    わたし自身のオリジナルの絵です。 アナログの絵(水彩、スケッチ、油絵、他)と PCソフト(水彩7、ペイント)で描いた絵があり ます。 著作権は破棄していません。 許可なくお持ち帰りは出来ません。

マイピクチャー2

  • ビビコンガ
    わたしが描いたオリジナルの絵です。 許可なくお持ち帰り出来ません。