« 大分トリニータ、2008ナビスコカップに優勝!! | トップページ | カレンダー用の絵② »

2008/11/09

11月2日の音楽祭&コンサート

こんばんは。大分は今雨が降っています。8日の朝蒸し暑かったです。そして、今寒いです。気温差が10℃以上あったのでは?と、思われます。

Img_2629tkm この出来事は約1週間前の話しですが、楽しかったので、今、記事にアップします。

Img_2628m今年(2008年)11月1日と、11月2日、大分で初めて「おおいた夢色音楽祭」という音楽祭がありました。そして、スペシャルコンサートとして、11月2日に「南こうせつと仲間たち」というコンサートがありました。わたしは1日は大分トリニータの応援と家の細々した用事をしていたので、11月1日の「おおいた夢色音楽祭」には参加していませんが、11月1日も音楽の行事テンコ盛りだったそうです。「おおいた夢色音楽祭」は、音楽で大分を元気にしようというスローガンと聞いています。この「おおいた夢色音楽祭」のパンフレットから抜粋します。(一部わたしの言葉に置きなおしている文もあります)

まず11月1日、2日両日とも、バンド、ユニット、団体は違ったりしますが、大分市駅北の中心街のあっちこちの街角や、公園で、ストリートライブが行なわれました。お天気に恵まれて、本当によかったです。そして、11月1日は、「シンガーソングライターズ・コンテスト」が大分の唯一の百貨店トキハの本店の屋上で行なわれました。このコンテストには、アコースティックのオリジナル曲を演奏しているアマチュアの人達が出演しました。このコンテストには事前に書類審査などを経て、15人出演しました。このコンテストで上位入賞ミュージシャンは、2日の「南こうせつと仲間たち」のコンサートに出演できる計らいになっています。このコンテストの審査員は4人で、片岡大志さん(サウンドプロデューサー)、河合徹三さん(南こうせつのバンドリーダー)、千綾奉文さん(元OBS放送アナウンサー)、森進一郎さん(大分市内で「府内フォーク村 十三夜」経営、初代かぐや姫のメンバー)の方々でした。

そして、栄えある「おおいた夢色音楽祭」の初代最優秀賞は、こうべぇさんでした。
優秀賞は、児玉和也さんと、VOICE2MENのユニットでした。

11月1日の「おおいた夢色音楽祭」のストリートライブは、12~17時の間行なわれ、場所はパルコ前の街角、セントポルタ中央町フォーラス角、若草公園、ガレリア竹町一葉前、ガレリア竹町ヴィアレ・テッツォ、ガレリア竹町ドーム広場、府内五番街 赤レンガスクエア、府内五番街 からくり時計前、府内五番街 ライフパル・ウッドデッキ、ふないアクアパークの10箇所で行なわれました。
曲想は、ポップス、ロック、アコースティック、アカペラ、ゴスペル、フュージョン、吹奏楽、フォーク、オカリナ演奏、日本音楽、ボサノバ、ダンス、女声合唱、ジャズ、ソウルなどなどの盛りだくさんの曲想種類がありました。一箇所につき4~6組のミュージシャンや、踊りを踊る人たちがストリートライブを行いました。

「おおいた夢色音楽祭」の2日目、11月2日に、わたしと主人は、ストリートライブと、「南こうせつと仲間たち」のコンサートを聞きに出かけました。
2日は1日と同じ場所に、JR大分駅コンコースが加わって、ストリートライブを行なうミュージシャンは1日目のミュージシャンとは違うミュージシャン達で演奏され、曲想は、クラシック、童謡、民謡、フラダンスも加わりました。
歩きながらあちらでも、こちらでも音楽の演奏があるのは、楽しい気持ちになりました。
わたし達は主に、若草公園と、府内五番街 赤レンガスクエアでの演奏を聴きました。

若草公園では、「グルメおおいた」という大分の美味しいものの販売もありました。
わたしは「クロメカンパニー」でクロメたこ焼きも食べて、初めて食べましたが、美味しかったです。ビールやコーヒーもありました。

若草公園のミュージシャンの曲では、「MELLOW BOX(メロウ ボックス)」というバンドの昭和のポップスで懐かしめの曲のコピーが楽しかったです。

府内五番街 赤レンガスクエアの演奏の曲では、「Agenda(あじぇんだ)」というユニットの「帰り道」という曲がいいな~~と思いました。

上の写真はこの両日の「おおいた夢色音楽祭」のパンフレットです。
2番目の写真は、今年初めて、この「おおいた夢色音楽祭」が行なわれたのですが、来年以降も是非行ないたいということで、「おおいた夢色音楽祭」を来年度も行なうために、寄付をつのっていました。寄付をした人には「おおいた夢色音楽祭」実行委員のみなさんによる手作りの「ミニガンザ」をプレゼントしてくれました。
わたしもしました。その「ミニガンザ」です。(「ミニガンザ」はフイルムケースの中にサンゴの欠片が入っていて、音がします)

Img_2633km 3番目の写真は、ストリートライブの行なわれた会場のうち、若草公園と、ふないアクアパークで販売されたグルメ、食べ物たちのメニューです。

Img_2634mc

府内五番街 赤レンガスクエアで「Agenda」の曲を聞いた後、大分文化会館へ向かい、「南こうせつと仲間たち」のコンサートを聞きに行きました。
最初に2008年の「おおいた夢色音楽祭」の「シンガーソングライターズ・コンテスト」で優秀賞の「VOICE2MEN」のユニットと「児玉和也」さんの2組と、最優秀賞の「こうべぇ」さんがオリジナル曲を演奏し、歌いました。

その後、南こうせつ登場。ゲストにムッシュかまやつさんと、山崎ハコさんが出演しました。
懐かしめの曲が多かったですが、新しい曲も披露されて、楽しく、聞きました。
歌も適度な長さのトークも楽しかったです。

11月2日「おおいた夢色音楽祭」と「南こうせつと仲間たち」のコンサートを聞きに行ってのレポートでした。

|

« 大分トリニータ、2008ナビスコカップに優勝!! | トップページ | カレンダー用の絵② »

コメント

「おおいた夢色音楽祭」なんて素敵な催しが始まったのですね。
南こうせつさんの出身地なので盛り上がったようですね。
keikoさんも不遇だったり、筑紫哲也さんもなくなられたり、ちょっとさびしいですが音楽で盛り上がってほしいですね。

投稿: moka | 2008/11/10 15:38

◇こんばんは、mokaさん。
コメントをありがとうございます♪
はい♪、「おおいた夢色音楽祭」、わたしもとても素敵な催しと
思います。
続くといいな~~と思います。
そうですね!南こうせつさんの出身地なのでと、いうことでも
盛り上がっていると思います。
そして、初代かぐや姫のメンバーの森進一郎さんの影響も大きい
と、思います。
keikoさんも小室さんの件で不遇ですね~~。
筑紫哲也さんも亡くなられ少々寂しいですが、本当に音楽や、
絵で大分も日本も元気になって欲しいです。

投稿: 浜辺の月 | 2008/11/10 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月2日の音楽祭&コンサート:

« 大分トリニータ、2008ナビスコカップに優勝!! | トップページ | カレンダー用の絵② »