旅行・地域

2020/11/04

九重と日田と列車と進撃の巨人、3

改めて、こんばんは~~♪
「九重”夢”大吊橋と日田」の番外編とも言える
「九重と日田と列車と進撃の巨人」のバージョンで
その3をブログ記事アップしたいと思います。
まず日田駅にてです。
日田駅の待合室に居て間もなく、列車
「ゆふいんの森号」が入線して来ました。
急行列車と普通列車の赤い2つの列車の
間の緑色の列車が「ゆふいんの森号」です。
Img_0626_m  
走り出す「ゆふいんの森号」。
Img_0630_m  
同じく「ゆふいんの森号」。
Img_0633_m  
数年前新築された日田駅。
Img_0643_m  
日田市の(旧大山町)出身の漫画家 諌山創
(いさやま はじめ)の「進撃の巨人」。
Img_0645_miro2  
これで「九重”夢”大吊橋と日田へ」シリーズ終わります。

九重”夢”大吊橋と日田へ、2

こんばんは~♪
今日は2020年(令和2年)11月4日ですが、
11月1日と11月2日の一泊二日の旅行の事、
続きをブログ記事アップします。
まず泊まった日田のホテルの近くの川の方へ行きました。
夕陽が沈んで行くところです。
この夕陽が沈んで行く間、川の付近を散策しました。
Img_0656_m  
川の近くの公園の手すりまで近づきました。
Img_0668_m  
川のすぐ側が散策路になっていて、野鳥もたくさん
来ていました。
カモです。
撮ったカメラは、Canonのデジタル一眼レフカメラで、
250㎜ズーム望遠レンズ装着です。
そして画像は、トリミングしています。
Img_0785_mt  
もう一枚、カモです。
同じくトリミングしています。
100枚以上撮った中の見られる2枚です。
Img_0792_mt  
同じ川で同じカメラにて、アオサギと白サギです。
トリミングはしていません。
Img_0823_m  
つづきます。

九重”夢”大吊橋と日田へ、1

11月1日と11月2日の事をブログ記事アップします。
11月1日と11月2日、一泊二日の家族旅行に行きました。
旦那様の運転で出掛けました。
まず九重”夢”大吊橋へ。
この11月1日は、雨の予報でした。
そして途中で本当に降って来ました。
小雨の降る中での九重”夢”大吊り橋の観光デジカメ撮影
でしたが、大分の平地と違いとても紅葉が綺麗でした。
この後も暫くこの九重の夢大吊橋からの紅葉は、
楽しめるかな~と思いました。
天気が良かったらもっと良かったでしょう。
Img_0528_tm  
日本の中では高い標高の長さの長い人の渡れる
吊り橋としては、日本一だそうです。
とても観光客が(わたし達も含め)多かったです。
ただ皆マスクは必ずしていました。
この写真は橋の上からの眺めです。
Img_0574_m  
この下の写真も橋の上からです。
Img_0586_m
橋の上から対岸を見て。
Img_0612_mkiro  
つづきます。

2020/01/22

竹田へ、6

こんにちは~♪
今日は2020年(令和2年)の1月22日ですが、1月16日の
ことをブログ記事アップしたいと思います。
「竹田へ」シリーズその6で、「扇森稲荷神社」の編の
続きです。
この祠は、その昔年配の女性が困っていた白い狐を
助けたら、その狐が品物をその女性に贈ってくれた
そうですが、その品物が殿様に献上する品物だったと
いうことでその女性は、殿様に献上する品物を盗んだ
疑いで打ち首になったのですが、その打ち首になった
のは、実はその助けた白い狐だった(身代わりに
なった)ーーーーということで、この場所に祭られて
ここにその祠があるということだそうです。
追記:(3月5日)ブログ友達のタムさんからお尋ねの
あった事柄をわたしの分かる範囲でここに書き込みます。
 この神社のこの祠に伝わるの言い伝えと、この神社が
創建されたのとどっちが時代的に先なのか、ちょっと
覚えていないのですが、元々この神社が創建される
きっかけになったのは、戦国時代の終わりの方の
時代に京都方面の方から中川氏が任命されて赴任
するために、この豊後の国の竹田に入って行った時に、
休んでいる時に、夢枕に狐が出て、中川氏を良く
思っていない地元の武士が中川氏に夜襲を
今夜かけると知らせました。
それで中川氏は、その地元の武士を迎え撃つことが
出来て、難を逃れ、無事竹田の地、岡城に着くことが
出来たということで、後に中川氏は、その狐に対して
お礼に、扇森稲荷神社を創建したというようなことと、
聞いています。
それから、伏見稲荷大社は、日本全国の稲荷神社の
総本社と聞いています。
そういうところから多少はこの大分県の竹田の
扇森稲荷神社と京都の伏見稲荷大社は、
繋がりはあるかもしれません。

Img_8865_m  
祠のあるところ。
Img_8867_m2aka  
本殿の前の、阿吽の像で言うところの阿の狐の像。
Img_8869_mkt  
本殿の前の阿吽の像で言うところの吽の狐の像。
Img_8874_m 
「竹田へ」続きます。

竹田へ、5

おはようございます!
今日は1月22日ですが、1月16日のことをブログ記事
アップしたいと思います。
「殿町武家屋敷跡」その後「岡城跡」をmさんに
運転して頂いて案内して頂いた後、次に
「扇森稲荷神社」へmさんに案内して頂きました。
「扇森稲荷神社」の前に、mさんのお友達fさんと
合流してここから3人で撮影に出掛けました。
「扇森稲荷神社」、別名コートー様なのですが、
コートー様も何度か来ていますが、中々ゆっくり
こちらもあちらもとデジカメ撮影出来そうで
今まで出来ていませんでした。
今回ゆっくりデジカメ撮影出来ました。
手前の方の鳥居は何度か撮っていますが、奥の
方の鳥居たちは撮れていませんでした。
今回チャレンジしました。
Img_8839_miro  

Img_8842_m  
Img_8845_miro  

Img_8851_m  
「竹田へ」続きます。

竹田へ、4

今日は1月22日ですが、1月16日のことをブログ記事
アップします。
「竹田へ」シリーズその4で、岡城跡の続きです。
冬枯れの岡城跡で、向うに西ノ丸の城壁が見えます。
Img_8803_m  
同じく岡城跡で向うに西ノ丸の城壁。
Img_8805_m  
本丸付近。
Img_8810_m  
本丸付近に設置されている「荒城の月」の作曲で
有名な瀧廉太郎像。
Img_8816_m 
「竹田へ」の岡城跡編は終わります。
「竹田へ」シリーズ続きます。

竹田へ、3

おはようございます~♪
今日は2020年(令和2年)1月22日ですが、遅くなりましたが、
1月16日のことをブログ記事アップしたいと思います。
つまり「竹田へ」シリーズの続き その3です。
16日の、殿町武家屋敷跡通りでのデジカメ撮影の後、mさんは、
岡城跡へわたしを連れて行ってくれました。
竹田の岡城跡へは、これまで何度も来ていますが、これだけ
じっくり見たのは初めてかもしれません。
もっと時間がかなりあったら西ノ丸、本丸の奥の方にも行って
みたかったです。
まず、岡城跡の地図をアップします。
Img_8787_m  
冬枯れの岡城跡 石碑と城壁。
Img_8764_m

Img_8772_m  
※岡城跡を少し奥の方へ行ったところの上の方から、
向こうの山々を観て。
Img_8774_m2a  
※岡城跡
Img_8783_m 
「竹田へ」続きます。
 

2020/01/17

竹田へ、2

こんにちは~☆
「竹田へ」のシリーズその2です。
竹田へ着いてすぐmさんが迎えに来てくれました。
今回mさんのご案内と運転で竹田の撮影スポットを数ヶ所
巡りました。
mさんには大変お世話になりました。
この場を借りてmさんにお礼を言いたいと思います。
mさん、大変ありがとうございました(o*。_。)oペコッ
まず最初に、殿町武家屋敷跡 を散策、デジカメ撮影
しました。
この竹田の「殿町武家屋敷跡」は、このブログで以前
記事アップしています。
以前の記事は、2005年の6月28日から6月30日まで
アップしています。
(約15年前ですね~~。)
その時もmさんに当時大変お世話になりました。
mさんその時もありがとうございました。
「殿町武家屋敷跡」の通りの土塀。
Img_8705_m  
武家屋敷
Img_8712_m  

Img_8713_m 


Img_8723_m  
※土塀の感じが面白いです。
Img_8737_m  
「殿町武家屋敷跡」の通りを通った後、少し「歴史の道」も
歩いて写真を撮ってみました。
Img_8750_m 
竹田へ 続きます。

2020/01/12

令和2年 お参り、2

令和2年のお参り、その2です。
1月の初めに参りました。
2つ目のお参り先は、竹田の「ぽっくり地蔵尊」です。
「ぽっくり地蔵尊」は、「八幡山命水延命地蔵尊」と
いいます。
そこには、「ぽっくり地蔵」の他、「ぼけない地蔵」、
「ねつかない地蔵」の3体が祭られています。
竹田在住の95歳以上の女性が寄贈したそうです。
ねつかないで、ボケないで、ぽっくり旅立てたらと
言う願いと共にその長寿の女性の長寿にあやかっての
3体の地蔵尊だそうです。
Img_8607_mk  

Img_8609_m 
わたしもあやかりたいです。

令和2年初詣

こんにちは。
今日は、2020年(令和2年)の1月12日です。
遅くなりましたが、1月に入ってすぐの初詣の様子を記事を
アップします。
(今日は成人の日の祝日ですが、祝日には関係ない記事
ですがアップします。)
まず、竹田のコートー様に参りました。
Img_8579miro  
鳥居と階段
Img_8582m  
赤い鳥居
Img_8587miro  
コートー様の本殿
Img_8593miro  
キツネさん
Img_8595_miro

より以前の記事一覧

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

マイピクチャー

  • 紅葉の山
    わたし自身のオリジナルの絵です。 アナログの絵(水彩、スケッチ、油絵、他)と PCソフト(水彩7、ペイント)で描いた絵があり ます。 著作権は破棄していません。 お持ち帰りする場合は許可を得て下さい。

マイピクチャー2

  • Img_7954mt
    わたしが描いたオリジナルの絵です。 お持ち帰りする場合は許可を得て下さい。